1. ホーム
  2. ライブチャット
  3. ≫盗撮・のぞきがやめられない!アダルトチャットサービスは合法且つ安全に疑似「のぞき」を楽しめます

盗撮・のぞきがやめられない!アダルトチャットサービスは合法且つ安全に疑似「のぞき」を楽しめます

恋人や奥さんがいてものぞきや盗撮で逮捕される男性がいます。パンチラ、ブラチラ、のぞきには普通の性行為とは違った興奮があるのかもしれません。

 

しかし、本人にとっては脳汁ブッシャーな快感でも一度警察に捕まってしまえば場合によっては人生が台無しになる事もあります。

のぞき、盗撮行為は何罪で逮捕されるのか

のぞき、盗撮はほとんどが現行犯逮捕ですが実際に逮捕されると以下の様な罪に問われます。

  • 公共の場で人の隠している部分を覗く行為⇒①迷惑防止条例違反
  • 公共の場以外(住居、浴室など)を覗く行為⇒②軽犯罪法第1条23号違反
  • 覗きの為に人の所有地に侵入⇒③住居侵入罪

 

各法律を違反すると以下の様な罰則(ペナルティ)を受けます

①迷惑防止条例違反は1年以下の懲役または100万円以下の罰金(東京都)
②軽犯罪法違反は1日以上30日未満の間の拘留、1000円以上10,000円未満の罰金
③住居侵入罪は3年以下の懲役または10万円以下の罰金

 

逮捕されると上記の様な罪に問われるだけでなく、前科持ちとなってしまうので覗きや盗撮をすることのリスクの大きさ、マスコミなどに実名報道されれば社会的影響は計り知れません

 

勿論一般人であれば実名報道される可能性は高くはありませんが、社会的地位のある人や国会議員や教師などは実名報道されるリスク高めです。尚、のぞきよりも盗撮の方がより悪質であると判断され罪が重くなる傾向があります。

のぞき、盗撮行為が止められない!それは病気かも

覗きや盗撮で興奮するのは単なる性的嗜好ではなく窃視症(せっししょう)、窃視障害と呼ばれる精神疾患の一つである可能性があります

  • 警戒していない見知らぬ人の裸や衣服を脱ぐ行為、または性行為を見る事に強い性的嗜好を有する
  • 少なくとも6カ月間の間にわたり性的衝動、または行動が反復する
  • その性的衝動を行動に移している、またはその衝動や空想の為に精神的苦痛、対人関係上の困難が生じている

(出典:別冊日本臨床領域別症候群シリーズNo.39)

であれば窃視症と定義されています。

 

もし該当するのであれば気を付けてください。犯罪者予備軍の仲間入りする可能性大です。

盗撮やのぞきは常習化しやすい

盗撮やのぞきの様な性的嗜好に基づく犯罪は、自己反省の機会を得られない為、誰かに見つかるまで続けてしまう性質があります

 

一度ハマったら抜けだせない底なし沼の様にずぶずぶと快楽に身を任せ気づいたら檻の中…、そんな風になりたくなければただちに対策をとる必要があります

 

一般的にのぞきや盗撮を常習的にしてしまう人はストレス軽減の薬を使って症状を和らげたり、心療内科などでカウンセリング治療を行う事が一般的です

 

「あれ、もしかして窃視症かな?」と思ったらすぐに病院にいきましょう

どうしてものぞきや盗撮の欲求を抑えられなくなったら

一番いいのは病院に行くことなのですが、何かと恥ずかしかったりどうしても盗撮やのぞきをしたくなってしまう衝動に駆られることもあると思います。

 

そういう時はライブチャットサービスを使って性欲を発散するのがおすすめです。

 

なぜかというと、のぞきや盗撮癖は「自分が相手から見られない状態で女性の無防備な状態を見たい」という欲求に基づくもので、アダルトチャットであればそれにかなり近い疑似のぞき行為を楽しむ事が出来るからです

 

「盗撮やのぞきで捕まったらどうしよう」と悩んでいるなら、あなたも是非一度試してみてください。お金は多少かかりますがのぞきや盗撮よりはるかに健全ですよ。

SNSで友達に教えてあげよう!

2018年のおすすめ!使える出会い系サイトの選び方!